top of page

【WHGC】 フィンランドを事例に「幸福度と仕事」についてのワークショップを3月に開催!




【WHGC】 ワークショップ


「仕事と幸福度のカンケイ」


ウェルビーイング、足りてますか?


WHGCの分科会で、ウェルビーイング/幸福度について、1年にわたり、さまざまな勉強会を経て、昨年10月に「働く私たち自身のウェルビーイングの高め方」を発表しました。

(発表内容はこちら→


その中でとても参考になったのが「フィンランド」の事例です。


先進国の中で、働く人の幸福感の幸福感が最も低いのが日本。

対して、高いのがフィンランド。


この違いはどこから来るのか?

私たちは何をゲームチェンジしていかないといけないのか?


そこで、「幸福学の測定〜ウェルビーイングを理解する」の共同著者で、フィンランドでの働き方と幸福度の研究をされている、鶴見哲也さん(南山大学 教授)をお招きして、ワークショップを開催します!


テーマは「仕事と幸福度のカンケイ」です。

幸福度は、仕事によって高まるものなのでしょうか?

ヒントは、昼間と夜の間にあるそうです!


ぜひご参加ください。

一緒に学び、考えていきましょう。


【定員制のため、申込み者多数の場合は抽選となります。(WHGC特別会員企業の社員様が優先となります)】




留言


bottom of page